週末営業のお知らせ

11月24日(土)・25日(日)は、通常通り営業いたします。
お出かけの際は、お気をつけて。素敵な週末となりますように。

Cafe Antibes (0551)38-2749
009_convert_20121122135209.jpg


中部横断道(長坂~八千穂)新ルート案について
11月21日(水)18:30より、新ルート案を審議する
第1回ワーキンググループ(WG)が行われ、傍聴してきました。

席上、A・B 2案が示されました。
img-Y22154015-0001.jpg
青線がA案。緑線がB案。
(クリックで拡大)

なぜ、このルート案かの説明は下記の通りでした。

ルート案策定に当たっての考慮ポイントは、次の4つ。
①土地利用(住宅地、集落、別荘地、農地)への配慮
②自然環境(貴重な動植物の生息地、湧水群)や景観に配慮
③観光地(清里地域等)へのアクセス性に配慮
④コスト縮減に配慮

①②については、従来の候補範囲の南側を通すことでクリアできる。
もっと南側を通すのは、急峻な山間部に当たるため、また、中央道との
アクセスポイントを須玉や双葉よりにするのは、新たに造る道路が長く
なるため、いずれもコストアップにつながり、④と相反する。

③については、連結可能位置で示した場所にICを設けることでクリア。
これは、とくに県や市が清里へのアクセス強化を要望していることに
応えたもの(と思われる)。ただし、A案は連結する605号の道幅が狭く、
高低差もあるため、B案の方が明らかに優れている。

またA案は、より山側(中腹)を通るため、工費アップにつながる。
よって、コスト面からもB案の方が優れているとの見解。

ただし、A案では避けることができるが、B案は別荘地にかかるという
点は考慮しなければならない。またA・B案ともに、湧水地や優良農地
への配慮をしながら、ルートを詰めていく必要がある。

【今後の予定】
第2回WGは12月8日(土)。対象区間の現地調査を行なう。
また、12月中旬~1月中旬にかけて、北杜市5か所と南牧村で
地元説明会を行うことで、詳細なルートを特定して行く。
A・B案を基本とするが、調査や意見把握の結果によっては、
さらに変更があるかもしれない。

以上、できるだけ主観を交えず(のつもり)、報告のみいたしました。
(環境や景観とコストの兼ね合いで、まずA案を考えたが、清里との
アクセス性がよくないため、改良案のB案が出て来たという流れでは
ないかと思われます。これは推測です。)
スポンサーサイト

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

まとめ【週末営業のお知らせ】

11月24日(土)・25日(日)は、通常通り営業いたします。お出かけの際は、お気をつけて。素敵な週末とな

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

cafeantibes

Author:cafeantibes
カフェ・アンティーブ

OPEN :11:00 ~ 19:00
定休日:水曜・木曜
      (祝日は営業)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード